ヘアケアの方法

ヘアケアの方法

1 頭皮を洗う

  • 頭皮の余分な皮脂を有害物質の入っていないシャンプーで除去します。
  • 泡立て剤(例えば「ラウリル硫酸×××」などと成分表示されている)が、配合されていないシャンプーを使用します。

2 「M-1」を頭皮に浸透させる

  • 頭皮を分子ピーリングします。(世界初)
  • 選りすぐりの天然酵素が、頭皮や毛穴の奥まで大掃除、頭皮の汚れや酸化した皮脂・石鹸皮膜、そして、フケや老化した角質まで分解除去します。
  • 毛髪阻害物質を皮脂と共に除去します。
  • 分子ピーリングで、毛髪発育の阻害物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)やシャンプーの発泡剤を余分な皮脂と共に除去してくれます。
  • ケラチンの低分子ペプチドが毛根まで浸透、毛乳頭へ毛髪の栄養をたっぷり与えます。(世界初)
  • 特殊製法で分解された低分子ペプチドが、頭皮や毛根に浸透、毛乳頭細胞や毛母細胞を元気にします。

効果UP法

重曹とクエン酸で石鹸残渣を除去

  • 毒性の強い発泡剤だけでなく、石鹸皮膜や石鹸残渣も頭皮に悪い影響を与えます。
  • 重曹をひとつまみシャンプーで溶いて頭皮を洗い流すと、石鹸皮膜もとれてすっきり・さっぱり、頭皮や髪も喜びます。
  • 5%クエン酸水を毛髪にスプレーすると石鹸残渣が、分解してリンスに早変りします。

悪いストレスは除く除去

  • 悪いストレスが原因で頭髪が薄くなることは多くの人が経験しています。
  • 直接的には円形脱毛が有名ですよね。医学用語で虚血再還流といって、繰り返し悪いストレスを受けると、頭皮に悪玉活性酸素を発生させて毛根にダメージを与えます。
  • ハードな仕事から解放された瞬間に、悪玉活性酸素を大量に発生するので、緑茶など抗酸化作用のある飲み物を飲むのも、一つの方法です。

脂肪細胞(体脂肪)を減らす

  • 体脂肪の多い人に髪の毛が少ない人が多いですよね!なぜ?
  • 中性脂肪や酸化したコレステロールなどの脂質が、頭皮の血管に溜まり易いので、酸素や栄養が届きにくくなります。
  • 最近の研究では、脂肪細胞が毛髪に悪い影響を与える悪玉アジポサイトカインを分泌するようです。

 | ヘアケアの方法